たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

人形アニメーション

『ぼくらと遊ぼう!』(帽子の話)/フジェチスラフ・ポヤル

// // 『ぼくらと遊ぼう!』(帽子の話)/フジェチスラフ・ポヤル/チェコ/1966 以前にも紹介した、 自由自在に変身(変形?)する、クマの兄弟が活躍する『ぼくらと遊ぼう!』シリーズ。 今回は、大きいクマの帽子の中から出てきた卵から、帽子が生ま…

『花折り』川本喜八郎

// // 『花折り』川本喜八郎/日本/1968年 Hanaori (Kihachiro Kawamoto) 今日の強風で残りの桜も全て散ってしまいましたが、 もう少し春の余韻に浸りたい。。。という願望から、 お花見を題材にしたこのお話を紹介します。 狂言の「花折」を題材にした…

『シップ・オブ・エーテル』ジョージ・パル

// // 『シップ・オブ・エーテル』ジョージ・パル/1934 Ship of Ether(George Pal) 素敵な音楽航路、ともいうべき、 優雅な船旅を音楽に乗せて描いた人形アニメーションです。 そこは海なのか宇宙なのか、わからないほど広く開けた星空の下、 海を?空…

『スロウ・デレク』 ダン・オジャリ

// // 『スロウ・デレク』ダン・オジャリ/イギリス/2012 Slow Derek(Dan Ojari)

『ヴィンセント』ティム・バートン

// // 『ヴィンセント』ティム・バートン/アメリカ/1982 Vincent (Tim burton) ホラー映画の俳優として有名なヴィンセント・プライスに憧れる少年の苦悩。 あまりにも子供らしからぬその嗜好は誰にも理解されず、むしろ避難され、少年は情緒不安定に陥って…

『電子頭脳おばあさん』イジー・トルンカ

// // 『電子頭脳おばあさん』イジー・トルンカ/チェコ/1962 Cybernetic Granma (Jiri Trnka) 無機質でメタリックな空間、 流線型の不思議な形の道や建物、 透明カプセルでの移動、 機械脳との会話、 太陽が全く感じられない(曇り?室内?)空間であ…

『ママ』(ママのお買い物)ロマン・カチャーノフ

// // 『ママ』ロマン・カチャーノフ/ロシア/1972 mama(Roman Kachanov) 可愛い幼い我が子を心配する母の愛が大きすぎる故に暴走する負の連鎖。 変な人、変な行い、変な出来事、「変」が面白おかしく描かれる。 しかし母の心配はよそに 子供は意外にも平気…

『飲みすぎた一杯』ブジェチフラス・ポヤル

// // 『飲みすぎた一杯』ブジェチフラス・ポヤル/チェコ/1958 僕らと遊ぼう!のポヤルの作った大人のアニメーション。 ライダー青年の悲しい結末。 タイトルの通り、酔っ払いの話。 バイクの疾走感と、酔っ払いのよろめきが同居している後半戦が見もの。 …

『クリスマスの夢』カレル・ゼマン

// // 『クリスマスの夢』カレル・ゼマン/チェコ/1946 A Cristmas Dream (Karel Zeman) クリスマスプレゼントに新しい人形をもらった女の子は、 古くなった人形を放り投げて大喜び。 投げ出された古い人形は立ち上がり、彼女にアピールを始める。 踊るよう…

『マザー・グース』レイ・ハリーハウゼン

// // 『マザー・グース』レイ・ハリーハウゼン/アメリカ/1946 Mother Goose (Ray Harry Hausen) ハリウッドの特撮の神様、レイ・ハリーハウゼンの、 特撮映画に関わる以前の子供向け人形アニメーション作品。 特撮の、骸骨などの謎のモンスターのイメージ…

『ボディ・メモリー』ウロ・ピッコフ

// // 『ボディ・メモリー』ウロ・ピッコフ/エストニア/2011 Body Memory(ÜLO PIKKOV) 風に揺れる枝が描くドローイング、走る列車、動く光、麻の紐 全てのものには命が宿り、その記憶が、性格が、性質がある。 この作品は、物に、素材に、見えない物にまで…

『ザ・イーグルマン・スタッグ』マイキー・プリーズ

// // 『ザ・イーグルマン・スタッグ』 マイキー・プリーズ/イギリス/2010(字幕なし) The Eagleman Stag(Mikey Please) 主人公ピーターは「フライ」を繰り返すと「ライフ」に聞こえることに気づいた。 主に紙(などの白いもの)で作られ、そのビジュア…

『バランス』ウォルフガング・ロイエンシュタイン、クリストフ・ロイエンシュタイン

// // 『バランス』 ウォルフガング・ロイエンシュタイン、クリストフ・ロイエンシュタイン /ドイツ/1989 Balabce (Wolfgang Lauenstein,Christoph Lauenstein) 同じ顔、同じ背丈、同じ格好の男が5人、不安定な地面の上にバランスをとりながら立っている…

『ヘッド・オーバー・ヒールズ』ティモシー・レカート、フォドラ・クローニン・オライリー

// // 『ヘッド・オーバー・ヒールズ』 ティモシー・レカート、フォドラ・クローニン・オライリー/イギリス/2012 Head over Heels (Timothy Reckart ,Fodhla Cronin O'Reilly) いつしか生きる空間が違ってしまった夫婦のお話。 お互いの性質の違いや性格…

『スクリーンプレイ』バリー・パーブス(字幕なし)

// // 『スクリーン・プレイ』バリー・パーブス/イギリス/1992 Screen Play (Barry JC Purves) ナオキとタカコの悲恋を歌舞伎風な芝居仕立てで描いた人形アニメーション。 裃を着たストーリーテラーのすり足と手話のような動き 時々出てくる黒子の滑稽な…

『オー・ウィリー…』 エマ・デ・スワーフ & マーク・ジェームス・ロエルス

// // 『オー・ウィリー…』 エマ・デ・スワーフ & マーク・ジェームス・ロエルス/ フランス・ベルギー、ニュージーランド/2011 Oh Willy... (Emma De Swaef & Marc James Roels) フェルトで作られた人形アニメーション。 素材の毛羽立ちや柔らかさがとこと…

『マスコット』ラディスラフ・スタレビッチ

// // 『マスコット』ラディスラフ・スタレビッチ/ロシア/1933 The Mascot(Ladislaw Starewicz) 実写とストップモーションアニメーションの融合。 モンスターたちのユニークな造形とウジャウジャ感、 犬のぬいぐるみが実写世界で生き生きと動き回る自然…

『マダム・トゥトゥリ・プトゥリ』Chris Lavis & Maciek Szczerbowsk

// // 『マダム・トゥトゥリ・プトゥリ』 Chris Lavis & Maciek Szczerbowsk/カナダ/2007年 Madame Tutli-Putli (Chris Lavis & Maciek Szczerbowski) 竹久夢二の絵から飛び出てきたかのような首筋から胸元までの品かやなライン、しかしその中にある老…

『クエスト』タイロン・モンゴメリー&トーマス・ステルマック

// // 『クエスト』 タイロン・モンゴメリー &トーマス・ステルマック/ドイツ/1996 Quest(Tyron Montgomery & Thomas Stellmatch) 乾燥した感じと、荒廃した感じ、 それに伴う音と質感がこの世の果てともとれる絶望感を増徴させている。 いつまで経っ…

『ぼくらと遊ぼう!』(出会いの話)ブジェチスラフ・ポヤル

// // 『ぼくらと遊ぼう!シリーズ』(出会いの話)ブジェチスラフ・ポヤル/チェコ/1965 とぼけたくまの兄と、悪戯好きの調子のいい弟くまの楽しいお話。 手や足が急に伸びたり、何にでも変身できるくまの兄弟が愉快痛快。 意外なものにまで変身し、ころこ…

『ジャスパー君とお化け屋敷』ジョージ・パル

// // 『ジャスパー君とお化け屋敷』(字幕なし) ジョージ・パル/アメリカ/1942年 Jusper and The Haunted House(George Pal) タイトルは、正式な邦題がわからなかったので、直訳しました。 お化け屋敷や、魔法、手品など、不思議な出来事と人形アニメ…

『快適な生活』ニック・パーク

// // 『快適な生活』ニック・パーク/イギリス/1989年 Creature Com(Nick Park) アードマンの看板監督、ニックパークの初期作品。 動物園で過ごす動物達の生活をインタビュー形式で綴る。 人間のような描写、動物特有のしぐさ。完全なリップシンク、 アイ…

『結んだハンカチ』  ヘルミーナ・ティールロヴァー

// // 『結んだハンカチ』ヘルミーナ・ティールロヴァー/チェコ/1958年 Uzel na kapesníku (Hermína Týrlov) チェコの女流アニメーション作家、ヘルミーナ・ティールロヴァーの代表作。 男の子がハンカチを持たずに出かけてしまい、ハンカチは慌てて追い…

『鬼』川本喜八郎

// // 『鬼』川本喜八郎/日本/1972年 The Demon(Kihachiro Kawamoto) 能や狂言、人形浄瑠璃の世界をモチーフに作品を作り続けた川本喜八郎の「鬼」。 平面的な美術を用いつつ、真っ暗な底なしの背景。 暗闇から白い骸骨のような手がすっと伸びてくるシー…

『水玉の幻想』カレル・ゼマン

// // 『水玉の幻想』カレル・ゼマン/チェコ/1949年 Inspiración" Cortometraje de Animación con Figuras(Karel Zeman) 雨粒から広がる空想の世界。 ガラスを使った珍しいアニメーション。 形違いのガラス人形を置き換えて撮影している。 水面を軽やか…

『砂の城』コ・ホードマン

// // 『砂の城』コ・ホードマン/カナダ/1977 The Sand Castle (Co Hoedeman) カナダ国立映画製作庁(National Film Bord of Canada)で制作されたアニメーションで、初めてアカデミー賞を受賞した作品。 風に吹かれれば飛んで消える儚い砂。様々な形の砂…

『ミトン』ロマン・カチャーノフ

// // 『ミトン』ロマン・カチャーノフ/ロシア/1967年 Varezhka(Roman Kachanov) 子犬を飼っている友達が羨ましくてたまらない女の子は、友達に子犬を借りてこっそりうちに連れて帰る。しかしすぐに母親に見つかり、こっぴどく叱られ、子犬を飼い主に返…

『手』イジー・トルンカ

// // 『手』イジー・トルンカ/チェコ/1965 The Hand (Jiří Trnka) 不思議な巨大な手に支配され翻弄される男の悲劇的な結末。 チェコの人形アニメーションの祖、イジー・トルンカの晩年の傑作。

『カメラマンの復讐』ラディスラフ・スタレビッチ

// // 『カメラマンの復讐』 ラディスラフ・スタレビッチ/ロシア/1912年 Cameraman's Revenge (Ladislaw Starewicz) 主人公のカメラマン(カブトムシ)は妻(トンボ)の浮気相手(キリギリス)に復讐を企てる。 昆虫(おそらく本物)を使ったコマ撮りア…