たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

1950年代

映画『めまい』オープニング」ソウル・バス/アメリカ/1958

// // vertigo start titles 「映画『めまい』オープニング」ソウル・バス/アメリカ/1958 ヒッチコック映画『めまい』のオープニングタイトル。 顔のパーツのUPというアイデア、 音楽と映像とアニメーションとフォントの絶妙なタイミングとバランスが…

「プカドン交響楽」チャールズ・A・ニコルズ、ウォード・キンボール

// // Disney '53 - Toot Whistle Plunk and Boom 「プカドン交響楽」 チャールズ・A・ニコルズ、ウォード・キンボール/アメリカ/1953 ディズニーの異色の短編。 この年この作品でアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞しています。 ディズニーなら…

『線と色の即興詩』ノーマン・マクラレン

// // 『線と色の即興詩』ノーマン・マクラレン/カナダ/1955 アニメーションの発明家、ノーマン・マクラレンによる実験的な作品。 フィルムに直接傷をつけたり色をのせたり、 1コマ1コマを描いていく手法「ダイレクトペイント」や「シネカリグラフ」…

『小さな家』ウィルフレッド・ジャクソン

// // 『小さな家』/ウィルフレッド・ジャクソン/アメリカ/1952 The Little House(Wilfred Jackson) 赤い屋根の小さな家の運命を描いたアニメーション。 時の移ろいと環境の変化を、建物や道具を擬人化することで表情豊かにユニークに描いています。 窓…

『ジェラルド・マクボインボイン』ロバート・キャノン

// // 『ジェラルド・マクボインボイン』(字幕なし) ロバート・キャノン/アメリカ/1952 Gerald McBoing-Boing (Robert Cannon) 声が擬音になってしまう少年の話。 基本はナレーション(もしくはナレーションの人のアテレコ)で話が進行していくけれども…

『飲みすぎた一杯』ブジェチフラス・ポヤル

// // 『飲みすぎた一杯』ブジェチフラス・ポヤル/チェコ/1958 僕らと遊ぼう!のポヤルの作った大人のアニメーション。 ライダー青年の悲しい結末。 タイトルの通り、酔っ払いの話。 バイクの疾走感と、酔っ払いのよろめきが同居している後半戦が見もの。 …

『結んだハンカチ』  ヘルミーナ・ティールロヴァー

// // 『結んだハンカチ』ヘルミーナ・ティールロヴァー/チェコ/1958年 Uzel na kapesníku (Hermína Týrlov) チェコの女流アニメーション作家、ヘルミーナ・ティールロヴァーの代表作。 男の子がハンカチを持たずに出かけてしまい、ハンカチは慌てて追い…

『隣人』ノーマン・マクラレン

// // 『隣人』ノーマン・マクラレン/カナダ/1952 Neighbours (Norman MacLaren) 庭に咲いた花をめぐり、隣人同士が争いを始め、柵を立て、攻撃し、妻子をも巻き込み、ついには殺し合いに発展する。 アニメーション手法の発明家、ノーマン・マクラレンのピ…