読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

1960年代

『小蝌蚪找媽媽』特偉

// // 「小蝌蚪找媽媽」特偉/中国/1961 中国の伝統技術、水墨画を巧みに使った、アニメーションです。 生まれたばかりのおたまじゃくしたちが、お母さんを探す可愛らしいお話。 淡く滲んだ色合い、勢いを感じる流れるような線、緩急のついた動き、 ひ…

「映画『おかしなおかしなおかしな世界』オープニングタイトル」

// // 「映画『おかしなおかしなおかしな世界』オープニングタイトル」 ソウル・バス/アメリカ/1963 オープニングタイトルの巨匠と行っても過言ではない、ソウルバスのオープニングタイトルです。 限られた少ない色数でとてもシンプルながらも、楽しい…

『ぼくらと遊ぼう!』(帽子の話)/フジェチスラフ・ポヤル

// // 『ぼくらと遊ぼう!』(帽子の話)/フジェチスラフ・ポヤル/チェコ/1966 以前にも紹介した、 自由自在に変身(変形?)する、クマの兄弟が活躍する『ぼくらと遊ぼう!』シリーズ。 今回は、大きいクマの帽子の中から出てきた卵から、帽子が生ま…

『花折り』川本喜八郎

// // 『花折り』川本喜八郎/日本/1968年 Hanaori (Kihachiro Kawamoto) 今日の強風で残りの桜も全て散ってしまいましたが、 もう少し春の余韻に浸りたい。。。という願望から、 お花見を題材にしたこのお話を紹介します。 狂言の「花折」を題材にした…

『クロモフォビア』ラウル・セルヴェ

// // 『クロモフォビア』ラウル・セルヴェ/ベルギー/1966 Chromophobia(Raoul Servais) 昔のヨーロッパ映画のポスターのような絵柄や色使いが 可愛らしくオシャレで、 見ているだけでも面白いのですが、 規制と自由 均一と個性 暴力と平和 モノクローム…

『Winnie-the-Pooh』フョートル・ヒートルーク

// // 『Winnie-the-Pooh』フョートル・ヒートルーク/ロシア/1969 『Winnie-the-Pooh』このタイトルからも察しがつくかと思いますが、 そうこれはロシア版くまのプーさん。 ディズニー以外にプーさんのアニメーションがあったなんて! プーさんと言えば 黄…

『雪だるま』ヘルミーナ・ティールロヴァー

// // 『雪だるま』ヘルミーナ・ティールロヴァー/チェコ/1966 Sněhulák (Hermína Týrlová) 雪の世界を毛糸を用いて描いているユニークな作品。 雪の結晶や澄んだ氷を思い起こさせるような音の演出も魅力的。 何より雪だるまの紳士的な振る舞いがチャーミ…

『電子頭脳おばあさん』イジー・トルンカ

// // 『電子頭脳おばあさん』イジー・トルンカ/チェコ/1962 Cybernetic Granma (Jiri Trnka) 無機質でメタリックな空間、 流線型の不思議な形の道や建物、 透明カプセルでの移動、 機械脳との会話、 太陽が全く感じられない(曇り?室内?)空間であ…

『空飛ぶモンティパイソン 第1期オープニング』モンティ・パイソン(テリー・ギリアム)

// // 『空飛ぶモンティパイソン 第1期オープニング』 モンティ・パイソン(テリー・ギリアム)/イギリス/1969−1970 Opening Title Animation/Intro - Series 1 - Monty Python's Flying Circus イギリスのコメディ集団モンティパイソンのテレビシリーズの…

『カノン』ノーマン・マクラレン

// // 『カノン』ノーマン・マクラレン/カナダ/1964 Canon(Norman McLaren) チェス盤のような市松模様の板の上をサイコロが転がるアニメーションと、人間の実写のアニメーションの2編からなる。 動きは非常に構成的で数学的、プログラミング的。 しかし…

『ぼくらと遊ぼう!』(出会いの話)ブジェチスラフ・ポヤル

// // 『ぼくらと遊ぼう!シリーズ』(出会いの話)ブジェチスラフ・ポヤル/チェコ/1965 とぼけたくまの兄と、悪戯好きの調子のいい弟くまの楽しいお話。 手や足が急に伸びたり、何にでも変身できるくまの兄弟が愉快痛快。 意外なものにまで変身し、ころこ…

『ウォーキング』ライアン・ラーキン

// // 『ウォーキング』ライアン・ラーキン/カナダ/1968 Warkin (Ryan Larkin) 人が歩く。 ただ歩く。 人種、性別、体型、宗教、パーソナリティを超えて 皆歩く。 ただそれだけ。 それだけのアニメーション。 それだけなのに。 第42回アカデミー賞短編ア…

『ミトン』ロマン・カチャーノフ

// // 『ミトン』ロマン・カチャーノフ/ロシア/1967年 Varezhka(Roman Kachanov) 子犬を飼っている友達が羨ましくてたまらない女の子は、友達に子犬を借りてこっそりうちに連れて帰る。しかしすぐに母親に見つかり、こっぴどく叱られ、子犬を飼い主に返…

『手』イジー・トルンカ

// // 『手』イジー・トルンカ/チェコ/1965 The Hand (Jiří Trnka) 不思議な巨大な手に支配され翻弄される男の悲劇的な結末。 チェコの人形アニメーションの祖、イジー・トルンカの晩年の傑作。