たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

『地下室の怪』ヤン・シュヴァンクマイエル

『地下室の怪』ヤン・シュヴァンクマイエルチェコ/1982

Down to the Cellar(Jan Svankmajer)

 

ぱきっとした明暗、白いニットの女の子、魔女のようなおばあさん、 黒猫の光る目、伸びる影、転がるジャガイモ、暗闇の石炭、

 

ひとけのない地下室には、きっと何かがいるし、きっと何かが起こる。

第六感や思い込み、子供のトラウマを具現化した不気味なドラマ。

 

子供のころにだれもが感じただろうこういう気持ちは、ただの怖がりだけではない気がする。それと同時に大人になったらあまり感じなくなってしまうのは、ただ勇敢になっただけではない気がする。

 

まっくろくろすけのようなもの。