たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

『Pinocchio』ジャンルイジ・トッカフォンド

『Pinocchio』ジャンルイジ・トッカフォンド/イタリア/1999

Pinocchio(Gianluigi Toccafondo)

 

とにかくグニョングニョンでビヨンビヨン

 

ピノキオと言えば鼻が伸びることで有名ですが、

このピノキオは、

手や耳や体も膨れ上がり

(伸びるというよりは膨れ上がる、に近い印象、こぶとり爺さんのこぶのように)

形の輪郭をも曖昧にしながらそれらは蠢き

なんとも柔らかそうというか、プルンプルンというか、

妙に心地いいんです。

鳥のような、ウサギのような、アメーバのような、不思議な形状。

 

その上、写真のコピーを下敷きに描いているということで、

人物の顔や町並みなどがとてもリアルでありながら、

歪んだ鏡に映ったみたいに伸びたり縮んだりします。

(実際にコピーを取る際に、原本を意図的に手動でずらして歪んだ画像を作っているそう)

 

頭の中を開いて

曖昧な記憶や、経年や思い込みで事実と異なった形で育ってしまった記憶を、

覗き込んでいるような感覚になる、そんなアニメーション。

 

 

冒頭のシーンを見てピンと来た人もいるはず。

最近『オデッセイ』で見た人も多いのでは?

リドリー・スコット率いる 「スコット・フリー」のロゴを手がけています。

90年代後半にはユナイテッドアローズのCMも手がけていました。

ファッションとの相性も良さそう。