読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

『Winnie-the-Pooh』フョートル・ヒートルーク

1960年代 フョートル・ヒートルーク ロシア ドローイング

Winnie-the-Pooh』フョートル・ヒートルーク/ロシア/1969

 

Winnie-the-Poohこのタイトルからも察しがつくかと思いますが、

そうこれはロシア版くまのプーさん

ディズニー以外にプーさんのアニメーションがあったなんて!

 

プーさんと言えば

黄色くて、ぬいぐるみで、

のんびり、ほんわか、ぼんやりしていて、、、

 

このプーさんは、

茶色くて、タヌキみたいで、

ぼんやりしているかもしれないけど、ちょっと強引で、おじさんっぽくて、、、

 

見た目からキャラクターから、まるで違うこのプーさんに目から鱗。

 

パステル画のような柔らかいタッチの綺麗な色の背景の前で、

ずんぐりむっくりしたタヌキ型プーさんが

変な鼻歌を歌いながらピョコピョコ歩くもんだから、

逆に可愛いやら、おかしいやら。

この時点でもう、ロシア版プーさんの虜。

 

ディズニーが長年描き続けてきた

ほんわかプーさんのイメージが一瞬にして覆り、

これはこれでアリだな、と思わず顔がほころぶ。

 

ウォルト・ディズニーもこのプーさんを認めていたとか。

 

ロシア語の発音のイメージなのでしょうか、

舌をまいたり、語尾のピシャッと言い切る感じとか、

口調が妙に強く感じる。

江戸っ子なまりに近いとでも言いましょうか、

「てやんでい、ばーろー」のような、

ちょっと怒ってるようにも聞こえたり。(気が短そう)

完全に私の個人的な印象だけれども。

こんな短気そうな鼻歌、初めて聞いた!