読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぺん拾い

1日1本いいアニメーション。Webで見られる短編アニメーションを見つけ、紹介し、まとめているブログです。

『捨て猫トラちゃん』政岡憲三

1940年代 日本 ドローイング モノクロ 政岡憲三

『捨て猫トラちゃん』政岡憲三/日本/1947

 

今年の夏は良かったね〜♪

で始まるこのアニメーションは、

夏のことを唄いながら、雪がしんしんと降り積もり、季節は冬です。

 

年の瀬の雪の日、

一年を振り返り、夏はよかったと思い出しているのです。

 

何が良かったのか、最後まで見て確かめてくださいね。

 

さて、

時間は遡り、夏、

一匹の捨て猫に出会うところからお話が始まります。

 

ここからは猫ざんまい

 

日本画の稚児のような、

滑らかで柔らかそうなフォルムと

仔猫の動きと人間の子供を融合させたような動きがたまりません。

ニャにょ、ニャにょ(嫌よ、嫌よ)

と言う言い回しもなんとも萌えます。

 

最初トラちゃんは、他の猫と違う描かれ方をされています。

同じ猫でありながら、

あくまで人間とペットのような関係で、

洋服も着ていなければ、話すこともできません。

しかし、時を経て、他の猫たちと兄弟のような関係になっていきます。

 

1947年という時代を考えると、

戦争などで家族を失った孤児が多かった頃、

戦後の混乱の中、

皆で仲良く助け合って生きていきましょうというメッセージだったのでしょう。

 

お母さんが

マリアさまのような、

包み込むような大きな愛、

大きな存在であることがとても印象的です。